お尻のニキビに要注意

体

お尻はニキビができやすい箇所だといえます。ズボンや下着により締め付けられているため、風邪通しが悪く湿気などがこもりやすいのが原因です。また、お尻は椅子に座る際、体重の負荷が掛かっているため、刺激を受けやすい箇所だといえます。これらの理由からお尻ニキビは発症しやすく、その上改善するのが難しいといえるのです。お尻ニキビに悩んでいる人は、お尻ニキビ専用のケア用品を使用することが大切です。また、お尻ニキビの原因はシャンプーやボディーソープなどの洗い流しも原因となっています。お尻ニキビを悪化させないためにも、まずは自分の生活習慣を見直しましょう。お尻に直接触れる下着は、肌に優しいものを使用するなどの工夫も大切です。

すでにお尻ニキビが発生してしまった場合は、さまざまな対策を行なう必要があります。お尻ニキビは、下着が擦れたり、蒸れたりすると悪化してしまうので注意しましょう。また、仕事の都合上座りっぱなしの人は、こまめに立ち上がり、お尻が蒸れないようにしましょう。また、トイレをする際は、便座を拭いてから座るようにしましょう。そのため、お尻ニキビが発生してしまった場合は、和式を利用すると適切です。便座にはさまざまな雑菌が付着しているので、しっかりと除菌シートで消毒するか、便座シートを敷いてから座るなどの対策が必要です。身に付ける下着は通気性が良く、肌に優しいものを使用し、ズボンによる締め付けを避けましょう。スカートや、お尻部分にゆとりのあるズボンが適しています。