縮毛矯正は本当に痛むのか?ばっちりご説明致します。

「縮毛矯正とストレートパーマの違いがイマイチ分からない・・・」という方もいるのではないでしょうか。
縮毛矯正とは、地毛のクセやうねりが強い人が、「薬剤」と「熱」の力で髪を真っ直ぐにする技術のことです。
ストレートパーマは、クセが弱い人が、「薬剤」だけで髪を真っ直ぐにする技術のことですね。
あなたの髪のクセが他の人よりもかなり強い!のであれば、縮毛矯正をした方が効果的のようです。
するべきかどうかは、行きつけの美容室の方に聞いてみましょう。

ストレートパーマよりも、縮毛矯正のメリットとは、強いクセを伸ばすことができて、しっかり伸ばせるストレートを手に入れられることです。
しかし、髪の毛の量が多い方ですと、効きが悪くなってしまうか、すぐに取れてしまうそう。
髪の多い方はストレートパーマの方が、ボリュームダウンができて、見栄えの良いストレートヘアができるようです。
また、「以前、美容室でくるくるウェーブをかけたんだけれど、真っ直ぐにしたいなあ・・・」という方は、ストレートパーマが効果的。

縮毛矯正もストレートパーマも気軽に簡単に髪を真っ直ぐにすることができますが、やはりデメリットというものはあります。

まず、言わずと知れたように、「薬剤」と「熱」で髪を真っ直ぐにするので、髪はかなり傷みます。
また、美容室の方の技量によるところも大きく、もし失敗されてしまったら1~2年はそのまま、なんてことも。

後悔しないように、よく考えて行う必要がありますので、気をつけて。